安い包茎治療で起こりがちなツートンカラー

たとえ機能的に問題がある包茎であっても、自然とそうなったことには違いはありません。したがって包茎治療を行うと、どこかに不自然な状態が出る可能性が高いです。定番なのはツートンカラーになってしまうことで、特に安い包茎治療に起こりやすいです。

男性器は身体の中でも特に短い距離で色が大きく変わる部位です。そこまでしっかり確認したことがない人も多いかもしれませんが、根元は茶色味がかかっていて、先端に行くに連れて赤味を帯びるようになります。また途中には黄色い要素も入っていて、それらがグラデーションになっています。

包茎治療では皮膚を取り除くことが多いため、そのグラデーションの一部をカットする形になります。そうするとその跡からはっきりと色が別れているのがわかります。それがツートンカラーの状態で、機能面で考えると失敗ではないため、機能改善に重点を置いた安い包茎治療にありがちです。しかし見た目が気になる人は、その仕上がり満足できないかもしれません。

陰茎のツートンカラーは防げる方法

包茎治療の中でも複数のメニューを用意しているクリニックでは、当然それぞれ価格にも差があります。そして安いものはツートンカラーになるのは仕方がないとしている場合も多いです。そんなツートンカラーを防止できる包茎治療はあり、亀頭のすぐ下部分を切除する方法です。全体的に費用が高くなりがちですが、切除した線を亀頭との境界線でぼやかしてしまうものです。

ただその方法で亀頭のすぐ下から切除してしまった場合、陰茎のツートンカラーは防げるものの、亀頭との差がはっきりしやすいです。そのため人に見られることが嫌だから、ツートンカラーの対策をするという人には向いていないかもしれません。また敏感な先端部分の皮膚を取り除くため、感度が下がる恐れがあります。

最も自然な仕上がりにできる可能性が高いのは、亀頭から少し距離を置いて切開する方法です。そうすると若干戻る皮によって傷跡が隠れ、ツートンカラーも防げます。

まとめ

包茎治療を受ける人の中には、機能面の改善だけでなく見た目を何とかしたいという希望を持っている人も多いでしょう。そんな人は特にツートンカラーに気を付けなければならず、満足できる仕上がりにしてくれるところを根気よく探した方が良いです。ただどのようなクリニックであっても、安い包茎治療のメニューだと対策が難しいことは覚えておきましょう。色の境界線を目立たないようにするには、ある程度の技術力が必要だからです。