切らない包茎治療は一番安い方法

包茎治療と一言でいっても、状態がどうであるかによっても選択する方法が異なりますので一概には言えません。

大きく分けると仮性包茎、真性包茎、そしてカントン包茎と3つありますが日本人の男性のほとんどは仮性包茎であるといわれます。見た目もあまりよくありませんし、垢や汚れが溜まったりするので衛生面ではよくないという事で包茎治療を希望される方も多いですが、保険は適用されません。

そのため自費治療となるわけですが、切る方法ですとどうしても高くなります。しかし切らずに出来る包茎治療も選択肢としてはあります。余った包皮を縫って留める方法ですので、戻ってきてしまうリスクと見た目的なデメリットがありますが、安い方法としてはこれが1番です。

真性包茎やカントン包茎の場合は、保険が適用されることが多いのですが、この場合ですと保険適用で3万円弱ほどですみます。安いという点ではこの2つの方法があげられます。

安いという理由だけで包茎治療は選ばない方が良い!

包茎治療は、保険が適用されるかされないか、また切るか切らないかで費用の差が出てきます。

仮性包茎の場合は保険は適用されないことがほとんどですが、切らない包茎治療であれば5万円以内で出来てしまうことが多いです。しかし元に戻ってきてしまう可能性も高いですし、余った包皮を縫っているだけですので見た目的にはあまりよくありません。

一方真性包茎やカントン包茎は保険が適用されるのですが、審美的なところではあまりよくありません。境界線の色が目だったり、傷跡は隠されない状態での手術ということが多いためです。美容外科や包茎治療を専門的に行うクリニックで受けるとなると、自費治療ですがきれいに仕上がるというメリットも有ります。

安いという理由だけで包茎治療の方法を選択すると、後悔する事にもなりますし最適な方法はカウンセリングを受けて決めるというのも重要なポイントです。またクリニックを比較するのであれば2つ以上でカウンセリングを受ける事をお勧めします。

まとめ

包茎治療を行う際、仮性包茎の場合は保険が使えないことがほとんどですが、切らない包茎治療であれば費用は安く済ませることが出来ます。しかしこの方法は戻ってしまう可能性も有りますし、見た目的なところであまり優れていません。

満足度が高い仕上がりを求めるのであれば、やはり自費治療ではありますが美容外科や包茎クリニックを受診して切る方法を選択するのがベストです。仕上がりもとてもきれいですし、やって良かったという方も多いです。